1. TOP
  2. >
  3. 取扱い文書・対応ジャンル
  4. >
  5. 翻訳について
サイドバー取扱文書・対応ジャンル

取扱い文書・対応ジャンル

取扱い文書・対応ジャンルキャッチコピー

電気、電子、機械分野に特化した技術翻訳会社

西新宿で、技術文書の翻訳を手がけて50年

翻訳会社ジェー・ジョンソンでは、電気、電子、機械分野の専門知識、専門用語に精通したベテランのネイティブ翻訳者が翻訳を担当し、その後で、日本人チェッカーがその訳文をチェックをします。
そのため、日本人翻訳者が翻訳して、ネイティブがリライトするのに比べて、高品質な翻訳を納めることができます。

翻訳者は、理科系の大学卒やメーカーの技術部門勤務の経験がある、ベテランのネイティブスピーカーばかりです。(和訳の場合には、技術系の日本人翻訳者が担当します。)
そこで、杏林製薬(株)の創業100周年にあたる2023年度を目標年度とした長期ビジョン「HOPE100」および2015年度までの新中期経営計画「HOPE100 -ステージ1-」を策定し、2010年4月よりスタートしました。杏林製薬(株)の創業の精神である本領に「事業は人にあり」と記載されているように、私たちは「人づくり」が大切だと考え、社員を中心に据えた経営を行います。「HOPE100」では社員一人ひとりが自分の役割を認識し、個々の持てる力を発揮すると共に、その力を目標に向かって結集して大きな力を発揮する「やる気ナンバーワン企業=チーム杏林=」を目指す姿の一つに掲げました。社員が仕事に対して誇りを持ち、会社・仲間を信頼し、強い連帯感を感じる「やる気」ナンバーワン企業となることを目指します。

西新宿で、技術文書の翻訳を手がけて50年

翻訳会社ジェー・ジョンソンでは、電気、電子、機械分野の専門知識、専門用語に精通したベテランのネイティブ翻訳者が翻訳を担当し、その後で、日本人チェッカーがその訳文をチェックをします。
そのため、日本人翻訳者が翻訳して、ネイティブがリライトするのに比べて、高品質な翻訳を納めることができます。